JCN堆肥施設 衣装箱 電気生ゴミ処理機 EM菌発酵バケツ
におい △(発酵臭) ◎(無臭) △(漬物臭)
発酵時間 ◎(24時間以内) ×
堆肥の個人利用
運搬 ×
手軽さ △(要講習)
活性液利用 × ×
嫌気好気の別 好気 嫌気+好気 好気 嫌気
投入量の変動
コスト ×(月450円) △(菌の購入)

生ゴミ堆肥化方法の長所と短所

1,EM菌発酵バケツから溶出される活性液は、脱臭、台所の掃除、水浄化等に利用できる液が
下に貯まります。
2,嫌気好気の別は、菌の種類です。例えば、電気生ゴミ処理機に水分の多い生ゴミを投入すると
嫌気状態になり、漬物臭がしてきます。(電気生ゴミ処理機は好気状態を維持する必要があります)
3,電気処理機に、生魚は入れないで下さい。必ず、湯がかないとにおいが発生します。
4.衣装箱には、モミガラ:米ぬか:赤土:落葉=8:2:1:1を投入します。